検索:

あなたも社長になるチャンス!?


テレビCMでおなじみ「毛髪クリニック リーブ21」が3日、岡村勝正社長(66)の後継者を公募すると明らかにした。

発表によると、後継社長には年収3000万円以上を用意し、岡村社長は最終的に代表権も譲って引退する方針という。有名な会社の社長としては年収3000万円はそれほど高額とはいえないが、外部からいきなり社長になるチャンスはなかなかない。

この決断に至った理由はなんだろうか?

次期社長候補の公募、転職サイト運営のビズリーチを通じて1カ月程度実施する。10人程度の幹部候補生を選び、1年半から2年程度社長の業務を補佐、その中から次期社長を選ぶ。次期社長の年収は「3000万円以上」(岡村社長)を想定。他の候補生も経営チームとして残す方針だ。

たとえ社長になれなかったとしても経営に興味のある若手にとっては大きなチャンスかもしれない。

驚いたことに、創業者の岡村社長はクリーニング店経営から1976年に発毛に関する研究を独学で始め、93年にリーブ21を設立し会社をここまで大きくして来た。

次期社長を公募する理由について「経理以外の業務はほとんど私が手がけており、これ以上1人でやっていくのは難しい。社員の平均年齢は28歳と若いため外部の人材を求めた」と話す。

お眼鏡にかなうのはどんな人か。「マネジメント能力とともに人物も重視する。経営の経験がなくてもプロジェクトリーダーなどの業務を手がけた人物が望ましい。年齢は40~50代と考えている」(岡村社長)

次期社長に期待することは「会社を発毛だけでなく健康産業全般に飛躍させることを期待している。株式公開も視野に入れてほしい」と語る。

そして社長を譲った後は「当初は多少会社とかかわりは残るが最終的には仕事を離れて文明や文化を排除した生活をしたい」と語った。

文明や文化を排除した生活をしたいとは社長の決意は固そうだ。

社長公募は自動車部品のユーシンが行って話題となった。ビズリーチの南壮一郎社長は「創業社長がリタイアしたくても後継者が育っていないケースが多い。また、国内市場の縮小が見込まれる業界では海外事業の経験が豊富な人材の需要も高まっている」と述べ、今後経営者公募の需要が拡大するとみる。

自身のあるあなた、このチャンスに応募してみてはどうか?

関連記事

コメントなし

RSS コメントの。 TrackBack URI

コメントを残す

XHTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル