検索:

またまた日本で復活ウェンディーズ


アメリカで暮らしていると本当に実感するのがアメリカ人のハンバーガー好き。よくファーストフードばかりこんなに食べてあきないなーと周りの友人たちの食生活を見ていて思うことが多々あります。でも、安くて美味しいものを好むのはアメリカ人だけではないわけで、日本でもハンバーガー人気は健在のようです。今日はそんなハンバーガー好きの日本人の方たちに朗報です。米国で現在、第3位のハンバーガー・チェーンシェアをしめている「ウェンディーズ」が2011年12月、再び表参道に復活するそうです。そのほかにも今までの食のニュースを振り返りたい方のためにこちらもどうぞ。お菓子で作る絵本の世界

そもそもどうして日本から撤退してしまったの?:

まだ覚えている方もいると思いますが、2009年12月までウェンディーズは首都圏を中心にかなりの数の店舗が運営されていました。しかしフランチャイズ契約を一手に持っていた牛丼チェーンの「すき家」を展開するゼンショーが契約を更新しないことを決めたため、全店舗閉店となってしまい、日本から現在までウェンディーズは撤退してしまったのです。

復活ウェンディーズ

■ウェンディーズといえば四角いビーフパテ:

アメリカのウェンディーズと日本のウェンディーズ、販売している商品が違うってご存知でしたか?もちろん日本市場にむけて商品開発をしている結果なんだとおもいます。特に日本で人気が高かった商品は、食べ応えのあるジューシーなハンバーガーに、ポテトにたっぷりのチリビーンズとチーズがかかったチリポテトだといわれています。たしかに美味しそうですよね。お腹が減ってきました。

ちなみにこの四角いビーフパテは他のハンバーガー・チェーンにはないウェンディーズのオリジナルでかなりのこだわりの品のようです。わたしもまったく知らなかったのですが、解体から流通までを一切冷凍しない独自の製法がとられているようです。

ちなみに今回の再上陸にあたって、米ウェンディーズと資本業務提携を結んだのはヒガ・インダストリーズです。会長であるアーネスト・エム・比嘉氏はこれまでのメニューに加えて、「新たなメニューとしてプレミアム・サンドイッチやグルメ・トッピングを加えたハンバーガーなどを提供したい」とコメントしているそうです。新作メニューが楽しみですよね。

待望論噴出?

ネットでは早くも復活を待望する声が:

ネットではウェンディーズの「復活」を心待ちにしていたファンから声を紹介します

  • 「麻布十番、復活してくれ」
  • 「早く関西も」
  • 「チリビーンズ!! チーズや生オニオンをトッピングしたあの味が忘れられません」
  • 「本場のにくにくしたボリュームあるやつたのむわ」

日本でも愛されてますねーウェンディーズ!

ちなみに2009年12月の撤退間際には「駆け込み客」が殺到して人気商品が売れきれる騒ぎになった程だそうです。こんかいの再上陸でも復活を待ち望んでいたファンたちが押し寄せそうですよね。

ちなみに、こんな新生ウェンディーズの魅力を日本全国に伝える広報アイドルも現在募集中だそうです。2011年11月に開催されるオーディションをで晴れてウェンディーちゃんとして選ばれると約2か月間、広報やPR活動をする予定です。

四角いパテ

■「大人」のハンバーガー

ウェンディーズが日本では価格よりも味にこだわった大人のハンバーガーと呼ばれているってご存知でしたか?ちなみにアメリカではウェンディーズにかぎらずどんなファーストフード店でもおじいちゃんおばあちゃん世代の人たちが日中のお客さんたちのかなりの数を占めています。日本ではなかなか見かけませんよね。

画像リンク

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル