検索:

イクメンブーム、ファーザーズバッグが人気


テレビやドラマでも最近よく取り上げられているがイクメンという言葉をご存じですか?育児を積極的に率先して行う男性を意味しているらしいのですが、イケメンをもじった言葉だそうです。報道によると近年、イクメンブームの影響をうけて、百貨店の子供服売り場では男性用の子育て用品が売れ始めている。ここでいう男性用の子育てグッズっていったいどんなものなんでしょうか?あんまり想像できないのですが。。。

西宮阪急デパートでは4~7月の男性用子育て用品の売れ行きが前年比10%も増加しているようです。なかでも子供用グッズ、例えば、紙おむつ、ほ乳瓶、おもちゃなどを便利にたくさん入れることが出来るファーザーズバッグが人気のようです。イクメンバッグというとあんまりなじみがないですが、子供用グッズが出し入れしやすいようにしきりなどがついている大型の肩掛けかばんといったところでしょうか。とくにアメリカの会社がデザインした「ビルボード」シリーズが一番売れているという。

このかばん2万5千円とけっしてやすくはないですが、なぜこんなに売れているのでしょうか。最大の特徴は、バッグを覆う前面部分に、デンバー市近郊に設置されていた布製の巨大屋外看板(ビルボード)を切り取ってリサイクルしたことだ。こだわりのデザインで同じものは2つとないといったコンセプトがおしゃれ好きな若いパパたちの人気を集めている理由のようです。

アメリカではイクメンなんて言葉は存在しない程男女共同参加の育児は当たり前のことになっていますが、日本でも育児に参加するパパはかっこいいといった視点から男性の育児参加がもっと増えるといいですね。

関連記事

コメントなし

RSS コメントの。 TrackBack URI

コメントを残す

XHTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル