検索:

被災地でコンビニが急増中


今、本当に求められる復興のための支援とはなにか?そんな言葉が最近よく取り上げられているが、コンビニが今企業活動を通して復興支援に動き出している。報道によると、驚くことにコンビニエンスストア各社が、東日本大震災の被災地で新規出店を加速しているらしい。意外なきもするがなぜなのだろうか?復旧が進まない地域や、仮設住宅の住民らにニーズが高まっているためだ。生活必需品が必要でもお店が開いていなかったり、満足に支給されなかったりで不便な生活を強いられている被災者たちにとってコンビニの営業再開は大きな変化だ。震災直後に食料品や生活必需品をいち早く供給し、復興に向けても、その存在感を増している。

もっとも精力的に被災地に店舗を増やしているのはファミマだ。ファミリーマートは、被災3県での新規出店を震災前の当初計画の5倍にあたる85店に増やすという。5倍にも店舗をふやして本当に経営が成り立つのか、不思議にすらなるがそれだけ求められているということだろう。6月26日には、福島県川俣町に震災後初の直営店をオープンした。秋以降に出店を本格化し、被災地での店舗網を再構築する考えだ。

ミニストップは、東北での新規出店を従来計画の約3倍にあたる「3年で100店」に引き上げた。3年で100店舗ということは単純に考えても1年で33店舗以上、月平均で3店舗近くオープンするよていということだ。

被災地では、仮設住宅という新たな商圏ができたほか、復旧に従事する作業員やボランティアらの需要も生まれており、「周辺に競合店舗も少なく、出店余地が増した」という。たしかに首都圏のコンビに乱立にくらべると競争は減っているのかもしれないが、このコンビニ急増ぶりは意外である。

ただ、報道によると、課題もあるようだ。被害の大きな地域では今後の復興計画が決まるまで、建築制限が適用されており、自由に出店できない。コンビニ各社では、地域密着でニーズをくみ上げながら、出店場所を探していく考えだ。

復興が早く進むように生活が早くもとのようになるように、企業活動をとおしての支援は大切ですよね。

関連記事

コメントなし

RSS コメントの。 TrackBack URI

コメントを残す

XHTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル