検索:

過去最低のビール出荷量


ビール5社、過去最低の出荷量 

またしても、日本経済とって良くないニュースだ。ビール大手5社が12日発表した今年1~6月のビール類の課税出荷量は、前年同期比3・5%減の2億32万ケース(1ケース=大瓶20本換算)で、集計開始以来、上期として過去最低の水準となった、と報じられた。主な原因はというと、東日本大震災後の自粛ムードで業務用の販売が低迷したことと、6月の天候不順の影響だろう。

しかしながら、低価格の「第3のビール」は、3・2%増の7164万ケースで全体の構成比は35・8%と上期としては過去最高となった。自粛ムードで外出を控え、低価格の第三のビールを自宅で飲む人が増えたのだろうか。

アサヒビール2年連続の首位を守る

また上期の各社別の課税出荷数量シェアは、アサヒビールが37・8%で2年連続の首位に立ち、キリンビール(36・1%)の追撃を振り切った。サントリーは13・6%、サッポロビール11・6%だった。

6月単月の課税出荷量は前年同月比11・1%減の4134万ケース、「第3のビール」の構成比は35・0%と、初の4割超えとなった5月を下回った。

いよいよ夏本番を迎え、各社ともに上半期の出遅れを取り戻そうと工場をフル稼働させて生産にあたっている。節電の影響もあってまさに暑い夏、昨年度比10%増の夏期出荷を見込んでいる。

関連記事

コメントなし

RSS コメントの。 TrackBack URI

コメントを残す

XHTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル