検索:

ダイハツが新低燃費技術を発表


ダイハツ工業は19日、今年9月に発売予定の新型軽自動車に導入する低燃費技術「e:S(イース)」の概要を発表した。

燃焼効率を高めた新エンジンの採用などで、従来の「10・15モード」よりも厳しい新燃費基準「JC08モード」で、なんとガソリン1リットル当たり30キロの走行距離を達成する見通しだと報道された。
この新型モデルは最も安いタイプで80万円を切る設定にする予定。低燃費と低価格の両立により、エコカーとして台頭するハイブリッド車などに対抗し、経済性を重視する消費者の取り込みを図るというのだから興味深い。

同技術搭載の新型車は10・15モードでも1リットル当たりの走行距離がなんと32キロにも達する見込みで、ガソリン車では最高レベルの燃費性能を持つことになる。高騰するガソリン価格を考えるととてもお買い得な車体価格で9月の発売開始後、人気が出るのは確実だろう。

同技術は圧縮比率向上と燃料噴射装置改良で燃焼効率を高めた新エンジンと、ブレーキをかけて車速が時速7キロ以下になると自動的にエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」機能とを組み合わせた。これに車両重量の軽量化、空気抵抗の低減などを通じ、燃費性能を大幅に向上させた。

新技術を核にダイハツは「低燃費車としての軽自動車の魅力復活」を狙う。

もともと軽自動車は、登録車と比べて低燃費で、価格の安さを優位性として市場を伸ばしてきた。しかし燃費38キロ(10・15モード)のトヨタのHV「プリウス」はじめ、同じく30キロのホンダの「フィットハイブリッド(HV)」など、軽をしのぐ燃費性能を持つHVが相次いで投入され、軽の燃費の優位性は低下している。とくに大震災後、東北地方では軽自動車人気がさらに高まっていて、買い替えもかさなり需要は高まっている。

このためダイハツは、イース技術搭載の新型車を最も安いモデルで80万円を切る思い切った価格設定にし、エコカー競争で主導権を握りたい考えだ。エコカーの価格競争、アメリカではまだまだ始まっていないが日本の軽自動車から世界にむけて発信していってもらいたい。

関連記事

コメントなし

RSS コメントの。 TrackBack URI

コメントを残す

XHTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル