検索:

NHKがPCのみの視聴者からも受信料徴収をはじめる?


ネット端末からも受信料を徴収へ

ネット利用者にとっては衝撃的なニュースが報じられた。NHK受信料制度について検討してきた「NHK受信料制度等専門調査会」は7月12日、NHKが基幹放送のネット同時配信を行う場合、テレビを設置せずにPCなどの通信端末でのみ視聴するユーザーからも受信料負担を求めるのが望ましいとする答申をNHKの松本正之会長に提出したというのだ。

報道によると、答申では、「メディア環境が変化する中、NHKは従来の放送で果たしてきた役割・機能をインターネットでも果たしうるとし、テレビと同じ公共放送としてのネット同時配信を実施するのであれば、受信料的な負担を想定するべきだ」とした。

その場合、既にテレビを設置して受信料を支払っているユーザーには追加負担を求めないが、PCとネットのみで視聴しているユーザーからは受信料を徴収するのが望ましいとした。課題として、ユーザーを把握するための技術とコストを挙げている。現在の日本では、わたし自身も含めNHKをほとんどみないという若者も少なくはないだろう。そういった人でも家にテレビがあるという理由で受信料の支払いを求められるのだが、これからはケータイ、パソコンを持っているという理由だけで受信料の支払いを求められる時代がくるのだろうか。現状の法ではもちろんこんなことは不可能なのだが、NHKは今後、法改正も含めてPC視聴者からの受信料徴収にむけて本格的に動き出すみとうしだ。これに対してネットユーザーからは厳しい批判がよせられそうだ。日本国内に住んでいる限り、NHK受信料から逃れることはもはや不可能になるのかもしれない。


関連記事

コメントなし

RSS コメントの。 TrackBack URI

コメントを残す

XHTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル