検索:

Tag Archives: アイドル

AKB48卒業生、のぞふぃす社長になる夢を叶える


元AKB48の川崎希さんがなんと社長として成功しているという驚くべきニュースが報じられた。

21歳のときに女性人気グループ「AKB48」を卒業し、夢だった「社長」を目指し実業家に転身した。今では都内でアパレルブランド1店とネイルサロン2店を経営する社長を務める。その一方、川崎市の情報番組にリポーターで出演するなど、タレントとしても活躍する。
そんな彼女は漠然と、子供の頃からテレビドラマに出てくるような社長になりたかったらしい。

転機は高校3年生のとき。通っていた美容室の美容師から、「AKB48オープニングオーディション」を勧められた。当時、アイドルに興味はなかったが、「受けるだけ受けてみよう」と挑戦。応募総数7924人の中から、最終合格者24人に残り、グループの発足メンバーに選ばれた。

しかし、アイドルとしてステージ衣装を着ていくうちに「自分で洋服を作りたい」という気持ちが強くなり、ブランドの立ち上げを決意。

「グループとの両立はできない」と考え、平成21年2月に卒業した。翌月にはデビュー前にバイトなどで貯めた40万円を元手に、自分でデザインした男性物の洋服やアクセサリーを扱うアパレルブランド「ANTIMINSS」を創業した。

ブランドの設立イベントでは、ドクロをモチーフにデザインしたTシャツやアクセサリーを披露した。メンズを選んだ理由は「男の人は気に入った服は長く着るため。レディースはサイクルが早く、入れ替えも早い。資本金がたくさんないとやっていけない」と語る。

店舗は持たず、インターネット販売という形でビジネス界にデビューしたが、当初は苦労の連続だった。

「ホームページの開設が間に合わなくて、お披露目イベントから1カ月間販売できなかったり、取引先の工場がつぶれてしまったり…」

苦難を乗り越えながら経営を学び、徐々に売り上げを伸ばした。昨年には念願の店舗が東京・渋谷にオープン。「歩いているときにひらめいた」というネイルサロンも軌道に乗った。最初は自分1人だったが、従業員約20人を束ねる社長となった。

経営方法は、主に本で学んでいる。これまでに読んだビジネス書や実業家の自伝など経営に関する本は100冊を超える。しかし、「本も肝心なことは教えてくれない。そこは自分で経験して考えていくしかない」。本を読み、経営者の経験を積む中で、100%成功する独自のビジネスルールを編み出したという。「今は何店舗出しても怖くない」と胸を張る。

100%成功するビジネスルールを編み出したなんて、かなり大胆な発言だが、本当ならば恐るべき23歳である。

そんな彼女は今や大人気のAKBを辞めたことにも未練はないらしい。

将来の夢は「高層ビルの最上階に社長室を設けること」。「今はまだ想像している社長には届いていない。納得できる社長になるためにも、150店舗ぐらいを経営できるようになりたい」。

ぜひ大きな夢に向かっていい意味で怖いもの知らずの精神を貫き、頑張ってもらいたい。

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル