検索:

Tag Archives: 夜行バス

高速バスの苦情増加


お盆の帰省ラッシュのまっただなか、みなさんは実家への帰省に新幹線、飛行機、それとも夜行バスを利用しましたか?私自身アメリカから今日本に一時帰省中なのでこのニュースをピックアップしてみた。というのも、アメリカから日本まではもちろん飛行機、しかし飛行機代で10万弱どうしてもかかってしまうので、日本国内の移動はどうしても安くあげたい。それならば、といつも利用するのが夜行バスだ。実際、若者を中心に高速バスを利用する人が増えている。しかし、報道によると夜行バスに関わるトラブルも多く報告されており、国民生活センターは注意を促しているようだ。

例えば、東京/青森間を、新幹線で移動すると片道正規料金で1万5千円近くかかるが、JRの高速バスを利用すれば9000円前後。さらに、格安夜行バスを利用するとなんと最大4千500円程度にまでやすくなるのだ。新幹線の3分の一以下の価格、とても魅力的だ。

しかし、忘れてはいけないのは高速バスに関するトラブルが急増していることだ。国民生活センターによると、高速バスに関する相談件数は2006年度から増加傾向にあり、2011年度は前年同期比で2.7倍の相談が寄せられているという。たしかにここ最近特に夜行バスの利用者が増加しているので相談件数が増加しているのも納得だ。国民生活センターは夜行バス利用者に注意を促している。

トラブルの例としては、「『集合30分前から現地にスタッフが居る』と場所を指示されたが、教えられたのと似たような場所がいくつもあり、様々な色柄のバスがたくさん停車しており、バスを探しているうちに出発時刻を過ぎてしまった」といったものや「乗り場が、工事で変更されていたが、それまで使われていたバス停には案内すら出ておらず、いつも通りバスを待っていたら、乗り遅れた」などが紹介されている。

たしかに高速バスはJR主催のものをのぞくとネットで予約して、自分で集合場所にいくまでほとんどが自己責任だ。お盆の帰省ラッシュの時期になると、軽く見積もって千人を超える人が様々なバス会社を利用して新宿や東京駅付近に集まっている。自分のバスを見つけるのは一苦労だし人ごみをかき分けて大きな荷物を持って移動するのは体力がいる。若者の利用者が多いのも納得だろう。

オトクに長距離を移動するために長所と短所を見極めて、夜行バスを利用しよう。

このブログはWordPressによって供給されています   |   コンテンツの使用条件   |   免責事項

FinancialRed.com | 日本チャンネル